6.3 家族信託が遺言書の代用になる場合

家族信託の仕組みを利用すると、遺言書と同等の効力を発生させることが出来ます。具体的には、第2受益者を指定する方法と、残余財産の指定先を指定する方法の両方を活用することになります。

(1)第2受益者を指定する方法

第1受益者が死亡した場合の第2受益者を指定することにより、被相続人が死亡した場合の相続財産からの利益を受ける権利を指定した人に引き渡すことが出来ます。ただし、この時に注意が必要なことは、受託者を受益者とは別の人間にしないといけないことです。何故なら家族信託において、受託者と受益者が同一になった場合には、1年以内に信託契約を終了させないといけないためです。

(2)残余財産の帰属を指定する方法

家族信託では、信託終了時の残余財産の帰属を指定することが出来ます。これを使うことにより、遺言と同等の効力を発生させることが出来ます。

遺言書の代わりに家族信託を活用すると以下のメリットがあります。

①遺言書の書き換え等のリスクを軽減できる
遺言書はあくまでも本人の意思で書くものなので、本人の気が変われば遺言書の内容を書き換えることが出来ますが、家族信託は委託者と受託者の契約になりますので、両者の合意がないと内容の変更は行えないようにすることが出来ます。

②二世代以上の相続財産の行き先を指定できる
遺言書は本人が亡くなった時の相続財産の行き先を指定できるだけで、次の相続発生時の行き先は指定することが出来ません。これに対して、家族信託では第2受益者を指定すると同時に、第2受益者が死亡して、信託が終了した際の残余財産の帰属先を指定することにより、2世代先の残余財産の行き先を指定することが出来ます。

③手続きが簡潔になる
相続では被相続人の戸籍集めや遺産分割といった手続きを必要としますが、家族信託は契約行為なので、これらの面倒な手続きが不要になります。

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

LINE

Mail

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。