(家族信託活用事例1)アパートの管理

 親がアパートを保有しているケースは非常に多いと思いますが、親がもし認知症等で意思表示が出来なくるとアパート経営に支障が出てしまうことになります。後見人制度を利用することも考えられますが、この場合には「大規模修繕」、「建て替え」、「売却」等の行為は原則行えません。家族信託であればこれらの行為も含めて柔軟な対応が可能になります。

 基本的な仕組みとしては、アパートに関して親が委託者兼受益者になり、子供を受託者にします。こうすることで、親が意思能力や判断能力を失った場合でもアパートに関する以下の行為が可能になります。

・大規模修繕
・建て替え
・売却
・賃貸借契約
・管理委託契約

 親が亡くなって信託が終了したら、残余財産の帰属を子供にしておけば、遺産分割協議をしなくても、子供がそのアパートを承継することが出来ます。

家族信託アパート.jpg

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

LINE

Mail

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。