(家族信託活用事例4)配偶者の一族に財産が渡ることを回避

 最初の妻と離婚し、その後再婚するというケースはよくあります。この時に、最初の妻との間には子供がいるが、再婚した妻との間には子供がいないという場合、後妻の老後の生活を考えて後妻に全ての財産を相続させたとします。そうすると、後妻の相続が発生した場合(二次相続)、その財産は後妻の兄妹にいくことになります。これを防いで、二次相続の際には、後妻の兄妹ではなく先妻の子供に財産を渡したいという要望は多くあります。

 これを実現するための方策としては、後妻に遺言書を書いてもらうという方法が考えられますが、これはあくまでも後妻の意思であり、確実にそれを実行してもらえるという保証はありませんし、最初は書いてあったがその後書き直してしまう可能性もあります。

 このような時にも、家族信託を使うと先妻の子供に確実に財産を渡すことが出来ます。具体的には、以下のような仕組みにします。

 委託者を父とし、受託者を先妻の子供とします。この際に受益者と残余財産の指定先を以下のようにします。

・第1受益者 父
・第2受益者 後妻
・残余財産の指定先 先妻の子

 こうすることで、最終的な財産の帰属を先妻の子供にすることが出来ます。

タイトルなし.jpg

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

LINE

Mail

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。