税務調査を受けにくくする方法

 相続税の税務調査は、一般に4件のうち1件入ると言われており、税務調査が入った場合、約80%が追徴を受けています。

 この税務調査を受ける確率を低くする方法はあるのでしょうか。

 一番は、資産の内容を申告書に正確に記載して、税務署から疑念を持たれないようにすることですが、もう一つ有力な方法があります。

 それは、書面添付制度を利用することです。この制度は、税理士が相続税の申告に関して調査及び計算した内容を記載し、申告書に添付する制度です。

 この書面添付制度を利用するメリットは以下のとおりです。

(1)税務調査が入る確率が下がる
 この書面の中に、税務署が疑問に思いそうなことについて、予め説明をしておくので、申告書の内容について納得感が高まり、税務調査が入る確率が低くなります。

(2)税理士の意見陳述の機会が与えられる
 書面添付を行った場合、調査の通知前に、税務代理権限証書を提出している税理士に、添付書面に記載された事項に関する意見を述べる機会が与えられます。この時の説明で、税務署が納得すれば、税務調査は行われない可能性があります。

 このように、書面添付制度を利用することは大きなメリットがありますので、積極的に活用していただければと思います。

 当事務所では、この書面添付制度を利用することで税務調査が入る確率を、平均の10分の1程度に下げることが出来ています。

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。