相続対策特集

相続対策の種類

相続対策にはいろいろな方法があり、それぞれ特徴があります。それらの特徴を知った上で、最適な組み合わせを考えていくことが重要です。それでは、最初にどのような種類の相続対策があるかを見ていきます。

相続対策は、以下のように大きく5つに分類できます。

1.相続税の評価額を下げる

  • 小規模宅地の特例
  • 現金を不動産に変える
  • 広大地評価の利用

2.相続人の数を増やす

  • 孫や義理の子供を養子にする

3.贈与、財産移転の活用

  • 生前贈与

4.納税猶予の利用

  • 農地、同族株式

5.納税資金の確保

  • 保険の活用
  • 退職金の活用

それでは、この後、これらについて順番に見ていきたいと思います。

1

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。