1.相続税の評価額を下げる

スライド5.JPG

 

・小規模宅地の利用=>第2回参照

・広大地評価(500㎡以上で可能性あり)

・現金を不動産に変える

不動産評価は時価の6割~7割

現金5000万円=>5000万円の評価

5000万円のマンション=>約3250万円の評価

・役に立たない土地は、相続前に売却しておく

貸宅地、売れにくく2足3文でしか売れない土地

・遊休地にアパートを建てると貸家建付地評価になり、15~21%評価を下げることができる。

 

不動産を活用した節税例

スライド6.JPG

 

(1)不動産購入により相続税を約1億3千万円下げることが出来た例

都内ターミナル駅から5分の好立地に4憶8千万円(諸費用込)のマンションを全額借入金で購入。相続税の評価額が2億2千万円になり、約2億6千万円相続税の評価額を下げることができました。この結果、相続税は約1億3千万円下げることができました。

 

不動産を活用した節税例(2)

 スライド7.JPG

 

(2)不動産購入により相続税を約1億2千万円下げることが出来た例

 都心から電車約30分の駅から5分の場所に約3億8千万円(諸費用込)のマンションを全額借入金で購入。相続税の評価額が1億2千万円になり、約2億6千万円相続税の評価額を下げることができました。この結果、相続税は1億2千万円下げることができました。

 

遊休地にアパートを建設

スライド8.JPG

 

◆土地は、貸家建付地評価になる。

◆建物は、約6割の評価になり、かつ貸家評価になる。

(例)

 1億円の評価の遊休地に、1億円でアパートを建てる

  土地評価 1億円→8200万円

  建物評価 1億円→6000万円×0.7=4200万円

 合計で7600万円評価額を下げることができる

◆アパートに向かない土地の場合は、介護施設の建築を検討するケースも多い

◆幹線沿いであれば、商業施設への賃貸も可能性あり

 

不動産購入による節税の留意点

スライド9.JPG

 

◆リスクを考慮し、安全な物件を探す

・空き家リスクのない好立地物件にする

・借入金の返済計画をきちんと立てる(家賃の下落、空き家率を考慮して、十分に返済可能な計画にする)

・持ち込み案件に乗らない

・ハウスメーカーの言うことを鵜呑みにしない

 

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。