相続の基本

法定相続

スライド5.JPG

法定相続人と、その相続割合はこの表のようになります。

ここで( )内は、遺留分になります。

 

相続の例

スライド6.JPG

左上の例では、配偶者(母)が1/2、子供が1/2になりますが、子供が3人いますので、それぞれの相続分は、1/2の1/3で1/6になります。

左下の例では、妻(配偶者)が2/3、親が1/3になりますが、両親とも健在なので、それぞれの相続分は1/3の1/2で1/6になります。

右の例では、妻(配偶者)が1/2、子供が1/2になりますが、子供が3人ですので、一人は1/2の1/3の1/6になります。さらに一人の子供はすでに亡くなっており、その子が3人いますので、その相続分は1/6の1/3で1/18になります。

 

代襲相続

スライド7.JPG

◆子(第一順位)の代襲相続
子が死亡している場合は、孫に権利が移る
 

◆親(第二順位)の代襲相続
親が死亡している場合には祖父、祖母に権利が移る(ただし、どちらかの親がいれば、祖父、祖母にはいかない)
 

◆兄弟(第三順位)の代襲相続
兄弟が死亡していれば、その子(甥、姪)に権利が移る(ただし、さらにその子にはいかない)

 

その他注意点

スライド8.JPG

◆連れ子は相続の権利がない
財産を渡したければ、養子縁組をするか、遺言書が必要
◆認知された愛人の子(非嫡出子)の相続分は、嫡出子の1/2
配偶者の子供が2人、愛人の子が一人の場合には、2:2:1で財産を配分
◆養子は、実子と同じ権利がある。ただし、法定相続人になれる養子は、実子がいる場合は一人まで、実子がいない場合は2人まで
◆胎児は権利あり

 

多額の負債がある場合の相続

スライド9.JPG

◆相続の放棄

財産よりも負債の方が多い場合には、相続の放棄をした方が良い場合も
 
◆限定承認
相続財産の範囲内で負債を返済するという条件付きの相続
負債がいくらあるかわからない場合には、これを選択するとよい

 

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。