相続税の計算ステップ

相続税課税標準

スライド4.JPG

 

◆相続税がかかる財産
・相続によって取得した財産
現金、預貯金、有価証券、宝石・土地、家屋、貸付金、特許権、その他経済的価値のあるものすべて
・相続によって取得したとされる財産(みなし相続財産)
死亡退職金・死亡保険金(被相続人が保険料を負担していた場合)
・死亡日から3年以内に譲り受けた財産
・相続時精算課税で譲り受けた財産

 

相続税課税標準2

スライド5.JPG

 

◆相続税のかからない財産
・墓地・墓石・仏壇・仏具など
・生命保険金

 500万円×法定相続人の数の金額まで

・死亡退職金

 500万円×法定相続人の数の金額まで

 

相続税の計算ステップ(1)

スライド6.JPG

 

相続税の計算ステップ(2)

スライド7.JPG

 

相続税の計算ステップ(3)

スライド8.JPG

 

控除と加算

スライド9.JPG

 

◆配偶者控除

次の2つの内どれか高い方までは非課税

 ・相続税の配偶者控除枠 1億6,000万円
 ・配偶者の法定相続分
 
◆未成年者控除

 20歳未満の人は、成人(20歳)になるまでの年数1年につき6万円が相続税からマイナスされる。

 

◆贈与税額控除

 相続開始3年以内の贈与について支払った贈与税額は相続税からマイナスされる。

 

◆2割加算

 相続財産を取得した者が、被相続人の配偶者や一親等の血族である親および子(代襲相続人を含む)以外の人であった場合には、その者の相続税額の2割に相当する金額が加算されます。上記の子(一親等の血族)には、その被相続人の直系卑属がその被相続人の養子となっているもの(いわゆる孫養子)を含めないこととされています。

 

相続税の試算例(1)

スライド10.JPG

 

相続税の試算例(2)

スライド11.JPG

 

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。