1.1 小規模宅地の特例

相続対策で、最もよく使用されるのが、小規模宅地の特例です。これは、被相続人あるいは被相続人と生計を一にする親族が、居住用(特定居住用宅地)または事業用(特定事業用宅地)に使用している土地に関して、80%の減額(貸付用宅地の場合には50%)を認める制度です。

(1)特定居住用宅地
相続開始の直前において被相続人等の居住の用に供されていた宅地等で、被相続人の配偶者又は親族が相続又は遺贈により取得したもので、一定の要件を満たすものについては、240㎡まで80%の減額が認められます。この特例が適用できるかどうかについては、以下のフローチャートを参照してください。

特定居住用宅地.jpg(2)特定事業用宅地、貸付事業用宅地
相続開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた宅地等で、一定の要件を満たすものについては、400㎡まで80%(貸付事業用宅地の場合は、200㎡まで50%)の減額が認められます。この特例が適用できるかどうかについては、以下のフローチャートを参照してください。

特定事業用宅地.jpg

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。