4.2 特例事業承継税制の活用

非上場会社の事業承継では、後継者へ株式を継承する際の贈与税や相続税の負担が重くなりがちで、それが円滑な事業承継を阻害する要因となることがあります。そこで、後継者が非上場会社の株式等を先代経営者等から贈与・相続により取得した場合、経営承継円滑化法による都道府県知事の認定を受けると贈与税・相続税が猶予される事業承継税制という制度が平成21年に出来ました。しかし、対象が限定的で使いづらい制度となっていましたので、平成30年度の税制改正において、事業承継に係るこの贈与税・相続税の納税猶予が従来に比べ拡大され、次世代経営者への引継ぎが行いやすくした特例事業承継税制が期間限定で制定されました。

(1)納税猶予の内容

贈与等により非上場会社の株式等を後継者へ引き継いだ場合、一定の手続きを行うことでその贈与にかかる贈与税が全額納税猶予されます。贈与した先代経営者が死亡した場合には、相続税の計算において贈与時の評価額が課税対象とされますが、これも全額猶予されます。

(2)先代経営者の要件

先代経営者の要件は以下の通りです。

①会社の代表権を有していたこと
②贈与の直前において、先代経営者とその親族等で総議決権の過半数を保有し、かつ、後継者を除いたこれらの者の中で筆頭議決権者であったこと
③贈与時に代表取締役でないこと

(3)後継者の要件

後継者の要件は以下の通りです。

①代表者であること
②贈与日に20歳以上で、贈与の直前3年以上役員であったこと
③贈与後、後継者とその親族などで総議決権の過半数を保有すること
④後継者の有する議決権数が次のイ又はロに該当すること
イ 後継者が一人の場合
  後継者とその親族等の中で最も多くの議決権数を保有すること
ロ 後継者が2人又は3人の場合
  総議決権の10%以上の議決権数を保有し、かつ、後継者とその親族等(他の後継者を除く)の中で最も多くの議決権を保有すること

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

LINE

Mail

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。