5.4 給与支払による納税資金の確保

想定被相続人が事業を経営している場合、想定相続人が自らのお金で相続税を払えるように、想定相続人に支払う給与を増やして、納税資金を確保する方法があります。

法人の場合は、先代の社長が多くの給与を取ってしまうと、所得税も高くなりますし、相続財産も増えて相続税も高くなってしまいます。これを防ぐために、後継者であり想定相続人である後継者候補の給与を高くして、納税資金を確保させる方法があります。これにより、所得税の支払も減らせますし、相続財産が増えることも防げます。また、同時に相続税の納税資金も確保できるようになります。ただし、この増やした給与の分を使わないで納税資金として貯めておくように、後継者に強く言っておく必要があります。

個人事業者の場合にも、後継者に対する専従者給与または給与の額を増やすことにより同じ効果が得られます。

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

LINE

Mail

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。