5.3 退職金の活用

相続対策としての退職金の活用は、企業の状況に応じて、以下の2つのパターンがあります。

(1)経営者に何かあった時の保証としての退職金
会社で経営者保険に加入し、満期年齢は70歳以下ぐらいにします。
支払保険金は一部が損金になり、節税にもなります。

経営者が死亡した時には、会社に入ったお金で被相続人に退職金を払います。

(2)相続対策だけを考えた退職金
保険の期間は終身または100歳までにし、被保険者は出来れば本人でなく子供にします。その理由は、その方が返戻率がよいためです。
保険を解約して、解約金を経営者の退職金とします。
性格としては貯蓄に近いのですが、節税効果が期待できるのと、退職金の非課税枠(500万円×相続人の数)が活用ができる点がメリットです。

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

LINE

Mail

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。