教育資金の一括贈与

  平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、個人(30歳未満)が、教育資金に充てるため、受贈者の直系尊属(祖父母など)から、贈与を受けた場合には、1500万円まで贈与税が非課税になります。

贈与の具体的な方法としては以下の3つがあります。

①信託受益権を付与
②書面による贈与により取得した金銭を銀行等に預入
③書面による贈与により取得した金銭等で証券会社等で有価証券を購入

この資金は以下の用途にしか使えませんので注意してください。

①学校等に対して直接支払われる授業料、入学金等
②塾、スポーツ教室等の役務の提供対価や場所代(500万円まで)

実際に使用した場合には、領収書等を金融機関等に提示して、払い出しを受けることになります。

また、対象の孫等が30歳になった時に残金が残るとその時点で贈与税が課税されますので、どのくらいの教育資金を使用するかを十分に計算して金額を決めるようにしてください。

JR・東急 武蔵小杉駅 徒歩3分

川崎で相続にお困りの方。無料相談ですので、まずはお気軽にご予約下さい。

地元の方、周辺の街の方、通勤途中の方、川崎での相続相談、相続相談ルームは夜9時まで。

路線図拡大

相続税に関すること、まずは無料相談をご利用ください。

相続税相談ホットライン:044-431-2014(相談予約受付:平日・土日祝9:00~21:00)

面談は相談予約で時間外土日対応します。

お気軽に他の事務所と比べてください

  • 最低でも50万以上と言われた
  • 分かりにくい説明を一方的にされた

その他にも納得できないことがある方は、当事務所の相談もご利用することをおススメします。

税理士もいろいろです

相続税無料相談

初回60分無料

相続に関する事何でもご相談ください。

お申込みはこちら

相続深刻から登記まですべておまかせください。相続ワンストップ(税理士・司法書士・土地家屋調査士・その他専門家)。